雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

高機能自閉症の息子しょう(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

ブロックは取説で始めよう

家庭での療育、希望は毎日!…は無理なので、週2回くらいを目標にしていましたが、かんしゃく、夏休み、旦那の休み、、とダラダラ過ごして9月を迎えてしまいました。

そうは言っても何もしないのでは心の中に焦りがあるので、ボール遊び(与えるだけ)や洗濯バサミを取るお手伝いなど、カンタンなことをやっていました。 

 

今日はブロックで新しい療育に取り組んでみました。

うちにはベネッセとLEGOデュプロの二種類のブロックがあります。パーツが大きく1.5歳から遊べます。

私は子どもにブロックを与えれば好き勝手に遊び始めると思っていました。 しかし息子は一向に遊びません。唯一LEGOの車のパーツでだけ遊んでいました。あまり興味がないんだと思っていましたが、違いました。

ブロックで何かを作り始めたのは3歳に近くなった頃からでした。それを見て私はやっと形を作ることに興味を持ち始めたなと気楽に思っていました。でも作るのは車ばかりで他のものを全く作りません。

 

自閉症児は想像力が乏しいので、自分で何かを作り出すことができないのです。 

療育教室でやっていた粘土遊びも母親に作って!とせがむ、お絵描きは今もグルグル丸を描くだけです。

息子の様子を見ていてやっと想像力の乏しさに気がつきました。

f:id:rainbowshow:20160912000629j:plain

先日、息子がベネッセの1年前の本を持ってきて、コレ作りたい!と言い始めました。そこにはブロックで作られたいろんなものが乗っていて、難しいものは取説(取扱説明書=組立図)がついていました。

スモールステップで進めること、失敗させないことに注意しながら、一緒に組み立てました。

・使うブロックを息子の近くにさりげなく置いておく。

・凸凹の向きを見本に合わせて持たせる。

・難しそうな時は私が手を添えつつ最後のはめ込みは息子がやる。

など気を配りました。完成すると息子は満足の笑顔、ニンマリ!自分で作ったとご満悦で、お父さんに見せるんだ〜と意気込んでいました。

 ■広告スポンサー

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

自閉症児は視覚優位のタイプが多いので、絵や写真を見ながらの作業は入り易そうです。そしてブロックは空間認識能力を鍛えるのにも効果的です。空間認識能力が低いと自分と物との距離感がつかみにくく、転んだりぶつかりやすくなります。息子も苦手なので、ブロックで楽しみながら高めていきたいです。

 

実は1年前のベネッセの本はそろそろ断捨離しようかな…なんて思っていましたが、まだまだ使えそうですね!捨てなくて良かったです。