雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

やりすぎ母ちゃん、、ドラマに学ぶ、毒親の自覚?!

今期よいドラマがそろってます。
ドラマ大好き、七子です。

なんかねー、考えさせられるんですよ。親っていつになったら自信をもって「親」になれるのかな?

 

「ここは今から倫理です」

NHKドラマ

www.nhk.jp

TVドラマでは山田裕貴さん主演。高校の倫理の先生です。
さすが倫理の先生だけあって、独自の考えがあって哲学者の言葉を生徒に語るのです。

第6回は、場面緘黙の男子になんとか喋らせようとする教師たちや、親に言われるがまま大学進学しようとする子の話。

 



今回も刺さった……

エリック・ホッファーアメリカの哲学者)

 

他者への没頭は

それが支援であれ妨害であれ

愛情であれ憎悪であれ

つまるところ自分から逃げるための一手段である

 

 

これがね、自分に置き換えると、

息子への しつけも療育も

愛情からくるものだったとしても

自分が周りから責められないための 言い訳なのではないか……

そんなふうに思えてしまうんです。

ついつい言い過ぎてしまったり、
また失敗するでしょと決めつけたり、
(ADD不注意優勢なので、すぐ忘れて繰りかえす)

自分でも上から押さえつけてるような言い方になってるな……と思うことも。

 

 

 

 

「モコミ 彼女ちょっとヘンだけど」

こちらはテレビ朝日のドラマです。

www.tv-asahi.co.jp

 

小芝風花ちゃん主演。
モコミは幼いころから、いろんな「物」の声や気持ちがわかるという変わった子。
まわりからヘンな子あつかいされて、自分の意見がいえない子になりました。
やがて不登校になり、仕事も続かない……

このモコミを必死に守ってきたのが、お母さん(冨田靖子さん)。
モコミに変なこと言わないように、まわりから浮かないように言い聞かせてきたんです。
そんな娘を不憫に思いながら、なにか先が開けないか模索してきたんです。

でもそれは、本人の気持ちより周りの目を気にしてるところもあったのです。お母さんは無自覚で、、。

 

モコミには、母が自分をおもう愛情だとわかっている
でも自分らしくいられない悲しさ
板挟みになって辛くて……

お母さんのひとことが、けっこうトゲがあるんです。
でも、母の立場からしたらぜんぜん悪気はないし、娘を思っての気遣いのつもり、、。

ああ胸がいたい、
刺さりまくる、、

f:id:rainbowshow:20191114152905j:plain

 

 

子どものため?自分の逃げ?

そう思って見ていての、「ここは今から倫理です」の言葉です。

他者への没頭は

それが支援であれ妨害であれ

愛情であれ憎悪であれ

つまるところ自分から逃げるための一手段である

 

子どもの本当の心に気がついていますか?

強すぎる親の思いで、かえって子どもが潰されそうになってませんか?

愛情も呪縛になることも、毒親になりかけていませんか?

 

どちらも土曜の深夜放送。
ふだんは録画してみていますが、うっかりリアルタイムに見ちゃうと、
お酒の量がふえてしまいます、、ホントに反省してるのか??

 

自分の子どもであっても、一歩ひいて 見まもる姿勢

これを忘れないように。わたしもいつでも毒親になりかけそう、、。

 

 ↓ 高橋一生さんも目が離せません!

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村