雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

ようちえん 卒園しました

卒園式を終えることができました。

子どもたちも親もいつもとちがう華やかな装いです。
おとこのこはスーツでカッコよく、
おんなのこは袴を着ている子もいて色とりどりあでやかでした。

慣れ親しんだ教室、まいにち弾いてもらったピアノ、先生の手づくりの掲示も、走り回ったグランド、上まで登ったジャングルジム、
今日でお別れです。

f:id:rainbowshow:20190316150922j:plain


入園したとき、年少さんは赤ちゃんから足を一歩踏み出したばかり。
ひよこさんみたいに歩いていました。ピヨピヨ聞こえてきそう。
どの子もちっちゃくて可愛くて。
あれから三年。
ひとりひとり壇上にあがり卒園証書をいただき、ひとこと発表もしました。
うちの子はこれがイヤで休む!と言ってました。なんとか出席。苦笑
こんなに立派に式を行なえました。
ふだん先生に抱っこされていた子も最後まで座っていました。
息子は大きな声ではっきり返事ができました。わたしは涙なみだでした。


先生方にお礼を言うと、ほんとうに成長したね、まじめでしっかりした子だと言ってもらえました。
(先生も上手く表現してくださいますよね。)
3さいになってすぐの入園で、最初はオムツ、トイトレも先生にしてもらいました。
先生の目を見ることもできず声も出せなかった子です。

 

f:id:rainbowshow:20161114125232j:plain


さいごに園舎から出て記念写真。
みんな思い思いにお友だちや先生と集まっています。あっちでキャッキャとこっちでわぁーと、集まっては散りまた寄ってきては離れ。

息子はすみっこの陰でウダウダ……
「きょうで おともだちと さいご。もう あえなくなる。」
ちゃんと知っているけれど写真は拒否……
それでもなんとか引っ張りだして撮りました。あとで確認すると視線は横向き、ブスッとした顔ばかり。
写真一枚撮るだけで、この苦労。
何枚撮っても笑顔はないまま。


そんな光景を見ながら
いろんな心配・苦労があったからこそ、卒園がいっそう大きな感動になるのだろうな。
わたしだけでは、家族だけでは、ここまで来ることはできなかったと思います。
先生、お友だち、いろんな人が関わってくれて支えてくれて、できた道。

ブログでも見守ってくれたみなさん、ありがとうございました!!

これからも困ったことはたくさんあるだろうけれど、この子なりに少しずつ成長していくんだろうな。
まだまだ母親業がんばります。

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---