雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

軽度自閉症スペクトラムの息子(2013年生)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

ひとりポツンママを貫いて。卒園式のあとも予定ゼロでした

前回の記事に、お祝いコメントやメッセージありがとうございました。
ブログやっていて良かった!!感動でうるうるしている七子です。

誰かを思ってそれを伝えられるって、ほんとうに素敵なことだなって思いました。
たぶん息子はそういうのニガテなタイプだと思う……でも言葉にしなきゃ伝わらないこともたくさんあるはず。
必要なことは自分から言える子になってほしい。
それを教えていくのも母の役目でしょうね。

そう思っているのに、、現実はなかなかうまくいきませんね。
なんだか母になって、さらに人との距離感がむずかしいと感じるようになりました。

 

--
3年の月日を通い、無事卒園できただけで、もう胸いっぱい。
それ以外を考える余裕がなかったんですけどね。

改めて振り返ってみて、私のコミュ障といったら……。
ここにきてすこし沈んでいます。苦笑。
でも、そうなったのも自分でそうしたから。

ここでいちど、自分の気持ちを記してリセットしようと思います。
(この記事は、単なるかまってちゃん、めんどくさいヒト認定! だと思います。ヘタレですみません!)

f:id:rainbowshow:20180322000447j:plain

うちの園は謝恩会がありません。
なのであれこれ気をもむ必要なし。私からすればとてもありがたい!
そのため仲の良い人たちで集まってお祝いするみたいです。

入園してからこれまでもご近所さんの集まりのランチ会などがありました。
息子もお友だち馴染めず、わたしはボス的ママさんと折り合いが悪く、終えて帰ってくると寝込んでしまうほど。
もう数回目に挫折……


息子がなかよく遊べるお友だちがいない

わたしのところへ来て超不機嫌、怒り出す

息子をなだめる、ので精一杯

私、大人の話に入れず。
もともと井戸端会議的な話がニガテ。ついていけない

息子もわたしもストレス溜まるだけ


さいしょは息子のために、ご近所付き合いのために、がんばらなくては!と思っていたのですが、辛そうな息子をみていて、決別をしよう!と。

ボス的ママ友さんの子にちょっかいも登園拒否の理由のひとつでした。

もーいっか、と。

がんばるところを変えました。
ママ友づくりに必死になり、神経をすり減らすよりも
息子に目をむけよう、って。


その結果、卒園式のあとも誰とも約束がないまま、になりました。
同じ園で知り合いもいましたが、私たち親子はどこにも属することなく。

友だち いない、ってさみしいなー
って思います。
自分に人としての魅力がないんだろうな、とも。

こどもの性格に関係なく誰からも慕われるママさんもいます。
わたしが欠陥品だから、息子もそうなったのかな……なんて堕ちていくときもある。あぁめんどくさいヤツ……

f:id:rainbowshow:20190203211854j:plain


そのぽっかり空いた穴を埋めてくれたのが、別の集まりでした。
親の会などで知り合ったママ友さんたち。
こどもに悩みを抱えているぶん、悩みは違えど気持ちは理解できる仲間。戦友みたいな。

自分をムリに変えなくても、
自分が居心地のいいところを探せばいい

わたしが実践しているみたいです。息子もそうあればいいな。


春休みも約束なしです。
母子セットで遊ぶ時間も成長するにつれどんどん減っていくので、ふたりで遊ぼう!と思っています。

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---