雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

先生とのお別れに、切なくなった話、、ちがう意味で。

4月になりました。
早くも桜が散っています、ことしは早いですね、七子です。

春は出会いと別れのきせつ。
息子にもお別れがありました。

 

習いごとの先生とのお別れ

先生が国に帰られることになりました。
さいころからお世話になってて、
写真を見返すと、先生に抱っこしてもらった幼いわが子。

子どもが大好きで心をつかむのが上手い先生でした。
だからなんとか続けられました。

f:id:rainbowshow:20190110102041j:plain

 

息子がみんなといっしょにできるようになるのに2,3年かかりました……。

母親の足にまとわりついて離れなかった
先生の声かけに、さらに無愛想な顔になった
それでも、絵本のときは一心に絵をながめ


さいきんは先生にもがんばってるね、すごく良いよ!とほめてもらってました。

だからいっそう寂しさがこみ上げます。

 

 

 

 

最後の日の夜に

最後のレッスンがおわった夕食のときに、わたしは息子に寂しいねと言いました。

 

「なんでー?」


……だと思ったよ。
キミのことだ、そーくるよね。

「先生 帰っちゃうから、もう会えないよ。

 飛行機で何時間もかかる距離だもん。」


そこまで説明して、息子は、そっかー、とおいんだね、と理解したようす。
そして、

 

 

「で、

 いつ帰ってくるの?」

 

 

おーいっ、先生は国に帰ったんだってば!

 

がい・こく・じん!

金髪で青い瞳だったでしょ。


日本へはお仕事できてて、もう自分の国に、おうちに帰るんだってば。
もう日本へは住まないよ~。

えっ、そこから説明するのかいな、、

 

f:id:rainbowshow:20170212223652j:plain

 

そもそも分かっていなかった……

こういうシーンに感傷的になるかならないか、その子の性格によるところが大きそうですが、
やっぱりわが子にはあまり響いていないみたいでした。

 

っていうか、お別れになること自体が分かっていなかったなんて、、。汗

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村