雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

高機能自閉症の息子しょう(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

行き渋り新年中さんの新学期は?春休みの休養と意外な弊害……

発達障害高機能自閉症)と診断された2013年生まれの息子との日々を綴っています。
 

新学期が始まりました。

内心、息子の様子に一喜一憂の私。

そんな母を尻目にマイペース息子。

 

2月半ばから幼稚園への行き渋りが始まった息子は新年中になりました。

今回は4月からの様子です。
 
---

新学期の登園は……

始業式、普通に登園していきました。
前の晩にはまだ名前付けしていなかったカラー帽子に、
「はやく おなまえ つけてー!」
とお叱りを受け、寝かしつけに一緒に布団に転がろうとすると、
「だめー! おなまえ つけてから!」
と寝かせてくれませんでした。
 

f:id:rainbowshow:20170410091338j:plain

母は策を考えていました。新学期は最初の4日間ほどは短縮保育で慣らしになります。そこを強調し、すぐ帰ってくるアピール。
さらに、プチおやつもあるのでおやつで釣る作戦。
 
そして、この春休みは同じ園のお友だちや知人の子どもさんと遊ぶ約束が何回もありました。
ほぼ毎日なにかしらお出かけし、遊ぶ予定があって大忙し!
お友だちと遊んで楽しさを思い出してくれたのなら老体にムチ打った甲斐があります。
 
あんなに苦戦した年度末から1ヶ月ほどでこんなに変わるとは……。
よい驚きでした。
まぁ偏食が激しいので給食が始まってから、昨年も崩れた少し慣れた6月頃から、がターニングポイントになるでしょう。
 

f:id:rainbowshow:20170410091730j:plain

順調なスタート?!

……だったのですが、今朝は前のグズグズが再発しました。
「おかあさんに あいたくなっちゃうもん……。」と。
朝の支度の遅さに私がイライラしたからか、もっと遊びたかったのか?
大好きなしまじろうを踏んづけていじめていたのを注意されたからか?
 
また悩ましい朝の始まりにならないといいのですが。
 

 休養のあとの思わぬ落とし穴?!

良い事もあれば悪い事も……。
休み中(主に欠席していた間)、お茶タイムをしていました。
私の憩いの時間。
朝の家事を終えて、ちょっとひと息。コーヒータイム、軽くお茶菓子も。
 
香りに釣られて、オモチャを片付け始める息子。
きれ〜いに片付いたリビングからスキップしながら私の元へ。
「しょうの、オヤツは〜?(^-^) 」
 

f:id:rainbowshow:20170330092724j:plain

 
そうです。
この1ヶ月ですっかり10時のオヤツタイムが定着化されました。
 
短縮保育で幼稚園から帰ってきて、12時頃、
「お昼ご飯食べるよ〜。」
と声をかけると、当たり前のように
 
「食べないよ!
 
 だって、まだ オヤツ たべてないもんっ!」
 
もう一旦ルール化されると、ルールを破ることに激しい怒りを爆発します。
 
「オヤツ〜〜〜!」とギャン泣き!!
 
ここで折れてしまっては、誤学習になってしまうので根競べです。
前の晩に約束しておきました。
幼稚園でオヤツを食べて帰るから、家でのオヤツは3時だけね、と。
 
スペクトラムっ子(自閉症児)のルール徹底に、またしてもやられてしまいました。
……分かっていたんだけれどね、私の癒しタイムも必要なのよ、、。
 

今後の登園は誰にも予想できない 

 息子が幼稚園へ行くかどうかで私の動きも変わります。
また予定がその日の朝にならないと分からない生活は辛い……。
どうなることやら、、。
 
 

ーーーーー

お読みくださいましてありがとうございます。

にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

-----