雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

高機能自閉症の息子しょう(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

言葉を引き出すために(その3)

 言葉を引き出すシリーズ、長くなってしまいましたが今回が最後になります。

 

言葉を引き出す子どもとの関わり方

  1. お子さんの行動をそのまま真似してみましょう
  2. お子さんの声や言葉をそのまま真似してみましょう
  3. お子さんの行動や気持ちを言葉に表してみましょう
  4. 大人の行動や気持ちを言葉に表してみましょう
  5. お子さんの言い誤りを 正しく言い直して聞かせましょう
  6. お子さんの言葉を広げて言い返しましょう
  7. お子さんに新しい言葉の見本を示しましょう

 

 

 

6. お子さんの言葉を広げて言い返しましょう

子どもがワンワン、ブーブーなど1語が出るようになり、言える言葉が増えてきたら次の段階に進みます。

子どもが言った言葉にプラス1語して返します。

(例)

子ども:ワンワン

ママ:ワンワン かわいいね /  ワンワン 歩いているよ / 白い ワンワン だね

 

これまで単語を言っていたのに対し、動詞や形容詞などをつけて2語文になるようにします。必ず2語でなくても2、3語の短く分かりやすい言葉かけであれば大丈夫です。

最初は子どもが知っている単語同士を組み合わせる方が、早く言えるようになります。例えば「まんま おいしい」など。

これを繰り返していき、2語文で話せるようになったら3語文に、3語文で話せるようになったら4語文、、というように増やしていきます。

焦ってたくさんの言葉の声かけをしても、子どもにとっては聞き取れない、理解できない、覚えられないので意味がなくなってしまいます。焦らず、着実に進めていきましょう。

 

f:id:rainbowshow:20161011133640j:plain

 

7. お子さんに新しい言葉の見本を示しましょう

 子どもが興味を示していないような、物の名前や行動などもどんどん声に出していきましょう。

スーパーでお買い物するときは、野菜の名前を言ったり、レジに行くよとかお金を払うよ、といった行動を言葉で伝えます。

これも言わせる必要はなく、新しい言葉を聞かせるくらいの気持ちで大丈夫です。 

 

子どもが3、4語文でたくさんお話しするようになったら、今度は助詞を意識して話しかけてあげましょう。

(例) まんま を 食べよう / ママ は 買い物 に 行くね 

 言えるようになるには時間がかかるかもしれませんが、たくさん聞くとこで使い方を覚えていきます。

 

 

 以上で全てになります。いかがでしたでしょうか?

お子さんがいろいろな体験をする中で、言葉をかけていくと吸収力がより高まります。日常の生活、遊び、全てが療育になる、先生はそう仰っていました。なんでも楽しみながら行えるといいですね。

 

私は上記のポイントを押さえつつ、五感をフルに使って伝えるよう心がけました。また独自のアレンジ、子どももママも楽しくなるように歌ったり、(結構、適当だったかな?)

またいつかご紹介したいと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お読みくださいましてありがとうございます。

にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ