雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

友だちとの距離感が独特すぎて、ついていけません……。

こんばんは、七子です。

緊急事態宣言が延長され、参観日もなくなってしまいました。学校での様子もよくわからないまま2年生がおわっていきそうです。

そんななか、嬉しいお話が!

 

とあるママ友さんから伝言をもらいました。

『○○くんがshowくんと遊びたいんだって。』と。


○○くんとは、おなじ園だった、かつくん(仮名)。

おなじクラスでよく遊んでいたそうです。
かつくんはshowのことが好きで、卒園してからも遊びたいな~と思っていてくれたそう。

 

f:id:rainbowshow:20191026211715j:plain

 

すでに卒園して2年ちかく。
小学校はべつべつに。
伝言してくれたママ友さんも、知人の知人、、と遠い縁がつながって、うちを見つけてくれたようです。

 

たしかに仲良く遊んでたかも。
卒園式のとき、連絡先をきこうか迷ったあげく、聞けずにそのまま帰ったことを思い出しました。
わたしも息子もコミュニケーションをとるのが下手……。

   

 

息子がだれかに好かれているなんて、天にものぼる気持ち!

でも、

人にあまり興味のない息子が、どんな反応するか、そこにビクビクしてしまいます。


家で息子に聞いてみました。
「園のときのお友だち、〈かつくん〉っておぼえてる?」

「え~? しらん。」

だ、だよね~!? そう言うと思った、、。

わたしの記憶を呼びおこして、できるかぎりのかつくん情報をつたえました。
そして、かつくんが遊びたがっているよ、ということも。

 

f:id:rainbowshow:20171016155041j:plain


「あ~、かつくん、ね。 いたね。」
って、オヤジかっ?!って反応、、。

こんな反応をかつくん親子がみたら、……チーン。


まぁ息子に『感動の再会』とか求めてもムリだしね。
とりあえず、春休みに遊ぶまえにいっぱい思い出しておかないとな。

小心者の母はよけいな気苦労をしょいこむのでした。

   

 

 

それから、数日して……

夕飯時に息子が言いました。


「かつくんさー、、

 

 

 かつくん、

 成長 してるかな?」

 


ズテーーッ!!

 

おまえが 言うかっ!

言葉のチョイス、あいかわらずヘンですから。

 

f:id:rainbowshow:20200117235103j:plain


あまりの脱力に、しばらく顔をあげられず、、。

ようやく気を取りもどして聞いてみました。


「〈成長〉ってナニ??」


「え~、しんちょう? とか?」

 

多分ね~母親どうしの会話とかきいてて覚えたんでしょうね。
「○○くん、しばらく見ないうちに成長したね~!」
みたいな。

でも、あんた言うの、ちゃうから。

 

 


もう破壊力ハンパないっす。
母のコミュ力までもパワーダウンさせてる……。


遊びましょうという話をつけたのですが、もう会う前から熱が出そうです。

2年も遊びたいと思っていてくれた、かつくんとママさんの
「思ってたんと、チガウ……」
の反応が怖くてしかたないです、、。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村