雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

ボク ごはん! お腹がすくとキレやすい?! とほほ、早よ言ってよ~

7月になりました! 七子です。

お、いま 今年初の セミの鳴き声がきこえました!
……どうぶつの森といっしょだ! とニンマリしちゃいました。


息子のクラスでは席替えがあったそうです。

なんか夏がはじまったなぁ~という感じがします。

 

ごはん だけど……

さてさて。

その日は夕食のしたくが遅れてしまい大慌てで料理していると、息子が

「ゆうごはん、まだ~?」

とやってきました。
ごめーん、もう少しだからねー、とバタバタしていると

「ボク ごはん。」

だからー、ごめんてば。もうすこし待って。


「ごはん なの!」

お腹 すいたのー?!


「ちがーう! すいたけど。ごはん じゃなくて。


 せきがえ して ごはんで…… きゅうしょくのー とうばんさんが……」

 

わかんないよー!

わたしは難聴ぎみで、小さい音やいくつもの音がする状態では聞きとれないのです。息子のボソボソ話す声は途切れとぎれに……。

 

f:id:rainbowshow:20181112161211j:plain

ごはん だけど、ごはん じゃない

息子も逆ギレ!!


「ごはん じゃないってば! 

 (ムシャムシャ食べるジェスチャーで)

 ごはん じゃなくてー、


 せきがえ して、『ごはん』なのー!」

 


ごはん??

 

せきがえ?


席替え?

 

 

5班ーー?!

 

 

f:id:rainbowshow:20170528203759j:plain


紛らわしいわーー!!


ご飯のときに、5班って、、。

主語を言えぇぇーー!! 毎回言っとろぉーがっ!

 

 

コントな会話

わが家では、こういう会話が日に何回もくりかえされます。

「食べる『ご飯』じゃなくて、席替えして班がかわって5班になったよ。」なんて説明できません……。


息子の話し方は年中さんレベル。
ほら、アゲイン ↓

「ごはん じゃないってば! 

 (ムシャムシャ食べるジェスチャー

 ごはん じゃなくてー、


 せきがえ して、『ごはん』なのー!」


まだジェスチャーが出るようになったのは、大きな大きな大きな進歩!!
これがなかったら、まだ同じやりとりが続いたと思う……。

 

もうさ、毎日がコント?! なの?


自分の言いたいときに、言いたいこと(単語レベル)をとつぜん、言う。
相手の様子や状況をいっさい気にしないで。

それを、難聴の母ちゃんが、体を90度に曲げてボソボソ声をひろいながら、足りない部分を想像して、
「え? なんだってぇ~?」をくりかえし……。

 

f:id:rainbowshow:20200702094532j:plain

笑いのなかにも、つ、疲れる……

真意がわかって大笑い。
そりゃ誤解するでしょー、ご飯の時間に『ごはん ごはん』って。

それを伝えて、まちがいやすいでしょ~と諭し。
息子は、うむむ~としかめ面。
(たぶん、勘違いしたおかあさんが悪いんだ! と思っている)

 


『相手に伝える』って、息子にはこんなにハードルが高いことなのね。

・息子の話し方スキルがおさないこと

・人にどう伝えたらいいか、他者の側の視点がぬけてる

・相手のニガテ(難聴)への配慮が欠ける

 

体はどんどん大きくなっていくのに、コミュニケーション能力はカメさんの歩み、、。

それでも、ジェスチャーできるようになった = 伝える手段を身につけた
ちょっとずつでも伸びてるんだよね。


母の難聴と脳の萎縮はウサギざんのかけっこ並みだから、カメさんがんばって追いついてほしいなぁ。