雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

母の日なんて、忘れてくれたほうがマシ。

きのう5月10日が母の日だったんですね、七子です。

出かけるのはスーパーくらい。
最小限の時間で、必要なものをだけみて、さっと帰る。
TVも見る気もおきないし、息子のゲームにとられるし。

世の流れとは切り離された感……。

 

そんな昨日、あ″あ″~、昼ごはん どうすっべ~? とキッチンに立ったとき、
ソファに寝ころんでスマホをいじっていた旦那がいいました。

「あー、今日もしかして、、母の日? じゃない?」


父のとなりにいた息子が

「えぇ~! ちがうよ、ははのひ もう おわったよ!」


まだ昼ですけど。


……で、会話が終わりました。

 

アーソウカ。 デ、ヒルゴハン ハ ワタシ ツクル アルネ?

 

f:id:rainbowshow:20200214232226j:plain


感謝のことばもない。
旦那は、日付の記憶力が超人なみに良いんです。
数年前にどこに行き何食べたとか覚えています。


でもね、ありがとうとか誕生日おめでとう とかは言えないんです。

「誕生日じゃない?」
って覚えてるんなら、おめでとうーって言うのが人のコミュニケーションだろが。

わざわざ言ってくるところがイラッとする。
「おめでとうって言うところでしょ~」といってもニヤニヤして終わり。腹がたつ。

今回も、息子に言葉をかけたら? なんて気のきいたこと言うはずもなく。

 

で、昼ごはんができあがり食べられる状態になると、一目散にあらわれて一瞬で食べてソファにごろり。

 

そして、

息子よ、おまえもか……。


「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるのは、
もって生まれた性質と親のしつけ、〈両方〉いるんだな、、。

 

 

その晩、父子でおふろにはいるとき、洗面所から聞こえた声。


「ボク けっこんしたら おしごと いかなきゃ。


 やだなー。」

 

「できません!!」

戸をあけて、ソッコー否定しておきました。

 

f:id:rainbowshow:20190814230104j:plain

家事もしない、ありがとうを言えない子には、奥さん来ませんから。

あんたはムリです。


だから、かーちゃんが今からいろいろ仕込んでるんだよ。
ひとりで生きていけるように。

 

彼らには、物をもらう、美味しいものを食べる、そういう行為だけがクローズアップされてて、
「祝う」「感謝する」という気持ちの面が欠けているような感じがします……。

そこ、いちばん大事なとこじゃない?

この埋まらない隙間をどうしたら、わたしはいいんでしょうね?


息子はかわいいですが、
母の愛情すら干からびてしまう日がくるのではないか、そんな気すらします。


もう、うんこ母さんの似顔絵すら描いてくれなくなりましたよ、、。

 

www.rainbowshow.net