雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

休校、わが家の過ごし方。結構うまくいっています

まだまだ気が休まらないコロナウィルス。
自宅で過ごすのもウンザリ感がただよってきますね。

なんとなく生活スタイルができました。
それをご紹介したいと思います。

 

一日の流れ

……といっても、多分みんなとおなじ感じかも。汗
午前中に勉強、午後に公園に行ったり好きなことをしています。

タイムスケジュール

〜8:00  起床、着替え、朝ごはん

9:00〜10:30 勉強タイム *1

10:30  ごほうびオヤツ *2

〜12:00 自由、お昼ごはん

 

14:00  公園かお出かけ *3
 (雨なら 工作・おやつ作りなど)

16:00  オヤツ

16:30  英語やタブレット学習 *4

17:00  switch(ゲーム)やTV

18:30〜 夕食、お風呂、ハミガキ

   全部おわったら、読書タイム

21:00  就寝

 

特性だからこそ、上手くいく!

本当にそう思います。
わたしなら、飽きます。きっと。

でも息子は「前にやったとおり」が安心するので、一度リズムができるとそれをくり返します。
学校の授業にくらべたら勉強量は半分以下ですが、極端に生活リズムを崩していないので、まぁOKってことで。

 

*1 見える化は必須!

最初は勉強がぜんぜん進まなくて、わたしがイライラッ。
で、やっぱりコレ!
勉強一覧表をつくりました。

f:id:rainbowshow:20200311112927j:plain

学校の宿題とうちの勉強をふくめ、その日にやることの表です。
できたらシール!

これで「何したらいいか、わかんないも〜ん!」と叫ぶことは減りました。

なにから始めるかは本人に任せています。

表を作ってしまうと「今日の分は絶対やる!」と思ってしますが、そこらへんは臨機応変。あまりガチガチにすると拒否反応をしめすので、表がバラバラになってきました……。

でもまぁ、本人が嫌がらず新学期を迎える前までにできればOKと思っています。

 

*2 ごほうびは大事!こまめにやる気を引きだす!

・本人のやる気をだす
ケアレスミスを防ぐ

この二つのために、ごほうび制度をしています。
ひとつの問題集をできたら、全問正解だったら、ごほうびお菓子をあげています。
うちはチョコレートが多いです。

ふつうのオヤツには出さない、ちょっと珍しい物(といっても、包装がキラキラしてるの、とか 笑)。

すごくがんばったら、ボーナスでもう一個とか、ひと口アイスやグミとか。
その場で食べて気分転換、次の課題へ移ります。

f:id:rainbowshow:20200311113755j:plain

TVの時間を味方につける

息子はTV大好き!
見始めると、すべての動きがストップして見入ってしまいます。
だから、見たいTV番組のために、課題を早く終わらせよう!と急かしています。
あえて録画はしない、ネット動画=いつでも見れるにはしない
決まった時間で、とするのがGOOD!となっています。

息子はeテレのサブチャンネルが気に入ったみたいで、10:30を目標に終わらせようと必死です。

 

サブチャンネルはいま特別の設定みたいです。

www6.nhk.or.jp

--上記サイトより引用--

【毎日楽しむ】
Eテレのサブチャンネルで「パプリカ」「パピプペボディ」など、子ども番組を日替わり放送!
【放送予定】
月曜~金曜 前10:25~後0:00/後1:05~2:00
すイエんサー」「バビブベボディ」「自由研究55」など、楽しく学べるコンテンツや、「パプリカ」「おしりたんてい」「なりきり!むーにゃん生きもの学園」など。一緒に踊ったり体を動かして、ストレス解消! 踊るときはテレビまわりのものをどけて、思いっきり体を動かしてくださいね! 保護者の方もご一緒にぜひ!

--

f:id:rainbowshow:20200311113017j:plain

サブチャンネルの見かた

1. TVのチャンネルをeテレにする
2. TVリモコンのチャンネルボタンの上を押す。
3. 番組表の上に出た番組にあわせて決定ボタンを押す

 

さいごに

ASDの不安がつよい子、ルール厳格化タイプには、時間割を作るのはオススメです。
でも、こだわりがつよい子は「時間割どおりできないと、かんしゃくを起こす」ことにもなりかねません……。

ゆる〜く、たのしくできる工夫ができるといいですね。

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
---