雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

大失敗、やらかした息子は……

バカだ……


表情がなくなった顔で、息子が言った。
んー、と聞こえたような聞こえなかったような声で、あいまいに私は流した。


バカだ……

ぼく、やってしまった……


もう一回、同じことを言った。

それを隣で見ていて、こういう経験も必要だなって思った。


聞いたときは、父母ともに

はぁー?!

とひっくり返りそうになったけれど。

 

事の発端は

息子は、とあるレースに出ました。
自分でつくった工作のクルマで競う会です。

 

その場所についたときに、
「あっ、、クルマ、わすれた……」

って、今日なにしに来たの??

 

f:id:rainbowshow:20191022213224j:plain

 

あー……って顔で息子は私を見つめ、旦那は私をにらむ。
おいっ、なんで私?

朝、お父さんとどうやって持っていくか?って話してたでしょ。
私は朝の家事と自分の準備とおわれてたでしょ。クルマなんて指一本ふれてないの。

 

どうしようもないので、父は家に取りにもどり、息子と私は受付にいき事情を話してくることに。

 

その受付にむかう途中で、さいしょに書いた言葉を息子が言ったのでした。

 

失敗から学ぶ

もちろん声には出さなかったけれど、

(そーだね、これはバカだよ。

今日が本番で、いちばん大事なクルマを忘れてきては、なにしに来たんだ?!だよね。

ホント呆れるわ……)


いろいろ言いたいことはあったけど、ぐっとこらえて、

クツを履く前に、持ち物をぜんぶ持ったかカクニンしようね!と。

 

f:id:rainbowshow:20170328115042j:plain


結果は散々でした。
ただでさえ行く道中に「なんだか緊張してきた」っ言ってての、肝心なものを忘れて、ぶっつけ本番。

息子は参加はできたものの、0点になってしまい、悔し涙をためました。

このツケは自分に回ってくる。

 

さいごに

この経験から、忘れ物すると大変!ってことを知ってくれるといいな、と旦那にいましたら、

「ぜんぜん懲りないわ!
  これくらいじゃ、変わらない。」

 

一刀両断。

 

……よくお分かりで。

一回で懲りたくらいじゃ障がいって言われない。

これから何回続くのでしょうね……。

 

でもね、今回は『悔し涙』を浮かべたのです。

その意味はある思う、そう思いたい。

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
---