雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

発達障害 軽度の息子(小1)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

【ドリル】とうとう手を出した……勉強キライでもやりたくなる!?

息子の勉強に困っている、七子です。
そこで、家庭学習を楽しくできるように新しいドリルを買いました!

 

やりたくない子がやるためには

公文やるぞ〜!と入れる気満々でしたが、、。
公文は自主的に進めるのと宿題がいっぱい出る、と聞いて息子にはムリだろうなと断念。


市販のドリルなんて、キホン好きじゃない子はやりません。
本屋さんでみてて……


コレしかないっ!

 

 

うんこドリル!

 

 

うちのようなアホ男子は「うんこ」とか「おしり」とかあればバカ笑い!
*世の中にはそんなのに動じない賢い男の子がたくさんいます。

 

息子に見せてみると……


なにコレー?

うんこがいっぱい〜♪ (#^▽^#)

 

母:問題やる?

 

え〜、、やる♪

 

……とレジにむかいました。

 

 

 

 

買ったのは3冊

うちは、さんすう重視で「たしざん、ひきざん、文章題」を買いました。
それぞれオモシロく作ってあります。

テキストは1〜6年生まで、漢字、計算、確認テスト、いろいろあります。

・問題はすべて「うんこ」

意外に?図解などわかりやすい

・シールを貼って楽しく

・途中にある読みもの(全部くだらない内容)で飽きない

f:id:rainbowshow:20191103002730j:plain

息子的にお気に入りは、うんこ戦士をつくれるシール♪
*文章題のテキストにはありません。

ドリルをやり終えると飾りのシールが貼れます。
これが正解率によってアイテムのシールが変わるんです。

間違いが2問以下だとイケてるの、間違いが5問までだとブッサイクなの、それよりたくさんだとシールなし。

 

うんこ戦士も、たしざん・ひきざん(1,2年生)、かけざん、によって色が違うんです。
ぜんぶ集めたいっ!というコレクターの血が騒ぐしくみ。笑

f:id:rainbowshow:20191103002838j:plain

 

算数のセンスを磨くには

子どもの力をのばす記事というのを読んだのですが、
『算数のセンスを磨くには、まずはたくさんの問題を解く』のが大事だそうです。
そこから感覚的に ◯+△=□ が浮かぶようになり、数、数字、ひらめき、が宿っていくらしい。
だから公文の子は得意になるのかな??

 

でも息子は、まずページをめくるのさえイヤがる……

 

そういう子が始めるにはいいのかも?
手にとって、なにコレ? オモシロ〜!
となれば、作戦成功!ですもんね。

 

さいごに

これを買ったんだ〜とママ友に話したら「うちはこんなん買わない!って叱ったわ。」って言ってました。

ウンウン、わたしもそう思ってたよ。汗
このドリルが話題になってTVで取り上げられたのを見ました。
数年先に息子に買い与えるとは……。

 

そして、丸つけしながら、はぁ〜とため息ついています……あまりのうんこの連続にウンザリして。

こーいうのを『藁にもすがる』っていうんだな。苦笑

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
---