雨上がりには虹が見えるよ ー軽度自閉っ子くんとの歩みー

軽度自閉症スペクトラムの息子(2013年生)との日々を綴ります。こだわり特性など上手くやっていきたいな

絵の具セット、集中力・体力ない子のために選んだポイントは?

学校から絵の具セット準備のお知らせと斡旋がきました。
いまはデザインが豊富で、男の子むけだけでも10種類以上……どれも派手めな感じです。

今回はうちが選んだ、集中力がない、体力がない子のための絵の具セットのポイントをご紹介します。

 

絵の具セットの内容

斡旋もネット販売でも中身はあまり差はなく、
・絵の具 12〜13色
・パレット
・筆 2本(15・6号)
・筆洗いバケツ
・筆ふきタオル
といった感じです。

 

セット内容の違う点は

大きな違いは
・ケースの形状・デザイン
・絵の具の色数と本数

いちばん多いタイプは箱型。四角いケースに上からフタがかぶさり、マジックテープで止まるので開け閉めカンタン。
ほかには、習い事やスイミングのカバンにありそうなバッグ型? あとはトートバッグのような形。どれもファスナーがついていて中身が飛び出ないようになっています。

 

うちが買ったのはコレ

f:id:rainbowshow:20190629195718j:plain

 

開けやすい、出しやすい

息子は手先が不器用なので、取り出しやすさをいちばんにかんがえました。
バッグタイプは引っかかってムム〜っと怒り出しそう。苦笑
なので、ガバッと開けられる箱型のケースに決まりです!

そして超シンプル。すぐに意識が散漫してしまうのでキャラクターなど必要ない情報はシャットアウト!シンプル イズ ベスト、これ尽きます。

前面に透明ポケットがあるのでそこに好きなキャラクターの絵やメモを入れたりすることもできます。

f:id:rainbowshow:20190629195744j:plain

軽さ重視!

これは箱型でフタがメッシュになっています。
実店舗で箱型をもってみたら、けっこう重い……。フタがしっかりしている分重たくなるようです。(そのぶん長く使えそうですけれど)
うちは通学距離があるし体力もないので、軽さ重視!

これは 約 1045g でした。
わたしの感覚ですが、ほかの箱型はもっと重いと思います。

 

絵の具の量が多い!

ネットで見ていると安〜いのが出ていますが、よく見ると絵の具の量が……
通常12ml、安いのは8mlと違います。
↑すこししか使わない、すぐに乾燥してしまう、軽いほうがいい、なら8mlのほうがいいですね。

でも無くなって買い足したときに12mlだと絵の具袋に入らないかもしれません。
12mlの袋なら小さいのは入れられますから心配なし。

 

f:id:rainbowshow:20190629195855j:plain

色数が多い

セットによって入っている色が違います。
うちが選んだのは『うすだいだい*』入りのお店。*昔でいう『肌色』です。

ネットで見つけた意見。
「学校の授業では人物を描くことが多いので、うすだいだいが入っているほうがイイ!」
(いち意見なので違う考えもあると思います。)

息子がやるなら、色をまぜて作るのは分量がむずかしいし、作業自体がおそいので時間をかけないために必要と思いました。

注:2019年6月時点。お店独自のサービスです。

 

お店独自のサービス! 『白』が3本入っている!

白はベースになっているので、ピンク=白+赤、みずいろ=白+青、とたくさん使います。なので多く入っているのはうれしい!
さらにほかの色を買い足したときに、予備の白の場所と入れ替えてしまえます。
もし『うすだいだい』を買っても袋にキレイに収まりますよ。

注:2019年6月時点。お店独自のサービスです。

 

値段とポイントバック

正直なところ、さほど差はなさそうでした。
ただポイントがあること、ポイント◯倍のキャンペーンを使うとネットのほうが安くなります。
紹介したお店だと絵の具も多めに入っているので、さらにお得ですね。

 

『うすだいだい・白3本』が入っているセットはこちら

色違いの、黒Xピンク、ブラウンもあります。

注意!同じセット商品でもお店が違うと絵の具セットの中身が違います。確認してくださいね。

 

さいごに

うちはこんな理由で選びました!
最終的には子どもの好み。
気に入ったのをみつけて楽しく絵がかけるといいな〜。

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---