雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

自閉症スペクトラムの息子(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

赤ちゃんのときの寝顔、どんなでしたか?

息子がまだ赤ちゃんのころ。
可愛くてかわいくて、毎日こんなに幸せでいいのかしら?って思っていました。
そして日に日に大きくなっていく息子に、うれしいのと同時に、なんだかさみしさも感じていました。

わたしの 赤ちゃん は、
もう 抱っこ できなくなるんだなぁ

って。
年齢的にも身体的にも、もう赤ちゃんは望めませんでした。
さいしょでさいごの わたしの子ども。

まいにちが 初めてで 最後 になっていく。

成長して、小学生、中学生、、となったときに、わたしはちゃんとこの子を愛せるかしら?
口も聞いてくれなくなって、「なんだよ、くそばばぁ〜!」なんて言われてショックを受けちゃうのかしら? なんて思ったり。

 

f:id:rainbowshow:20170826155426j:plain 

こんなアホな話を友だちにしたことがあります。
そしたら、こう返されました。

子どもの成長ははやいよね〜。
赤ちゃんの時期なんて、あっというま!
この赤ちゃんの、におい。癒される〜。

でも、だいじょうぶ。

成長したら、さらにかわいくなるよ。
もっともっと かわいくなる。
でも、ちょっと違う可愛さ。

においも(汗)臭くなるしねー!笑


いまこうして、息子をみていると、友だちの言うとおりだなって。
あ、汗臭いじゃなくて!(^O^)

まだまだ手がかかるけれど、かわいい愛おしい気持ちはふくらみつづけています。

ふとしたときに、息子に「かわいいねぇ〜(^-^)」と言っています。
完全なる親バカ!

 

 


そうそう、もうひとつ友だちが言ってくれたんです。

赤ちゃんってさー、
こうやって手をあげて寝るよね。
これも大きくなるとしなくなるから、いまのうちによぉく見ておきなね!

 

f:id:rainbowshow:20181122222402j:plain


そう聞いてからは、気持ちよさそうに寝息をたてている息子をながめてはニコニコしていました。
そっかぁー、いまだけか。
いつまで手をあげて寝るんだろう?

 

その疑問はまだ分からないままです。
このままナゾでもいいかな。

 


子育てしてると、余裕がなくなるんです。
毎日まいにち同じことくり返して言って、叱って、脱力して。
あぁーもう!ってキレたり。

 

疲れちゃったら、昔のアルバム開いてみませんか?
あなたの赤ちゃんも手をあげて眠っていませんか? (^-^)

 

f:id:rainbowshow:20181122222512j:plain

↑ まだまだ赤ちゃん? 5さい過ぎたけど〜。

 

人間、『あたりまえ』なことって当たり前で、感謝も感動も気がつかないんですよね。

健康でいられないと、あたりまえに気がついて優しくなれるときがあります。

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---