雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

自閉症スペクトラムの息子(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

年長・さいごの運動会

発達障害自閉症スペクトラム)と診断された2013年生まれの息子との日々を綴っています。

なんと、運動会も3回目! そしてこれが幼稚園のさいごの運動会でした。
さぞかし感慨深いだろうと思いきや……


毎年はじまるときは、露骨にイヤですーって顔をしていた息子。
大勢のおとなが押しかけ、グランドには万国旗がはためき、軽快な音楽がガンガン鳴り……こういう非日常な感じ、不安でいっぱいだったんです。

今年はそれほど抵抗もなく、年長さんの席へ自分で歩いて行きました。

f:id:rainbowshow:20181029222842j:plain

↑ 以前の運動会の息子。写真は出せないのでイラストで。苦笑(七子 作)

 

 
年長さんの演目って、それまでの集大成をみせる場でもありますよね。
3年間でここまで成長したねと感動する親、年少さんの父兄は自分の子もこんなふうに大きくなるのか!って驚いたり。

 

なのでプレッシャーが相当で。親の私が!
うちの園では年長男子だけの演目があり、そのなかで『倒立』があります。
これが、、。できる子とできない子の差が激しい。
うちの子は当然〜、、、。

そして、晴れ舞台では【全員できるまで続ける】。
こ、この上ないプレッシャー……
当日、ハラハラしてこっちが緊張してお腹痛くなりそうだし、でも写真も撮りたいし、あぁもうどうすれば〜って感じでした。

 

↑ 2017年 年中さんの運動会のとき。

 

さいごまでやりきって感動のフィナーレでした。
途中もろもろ小さいミスはあったもののやり遂げました。
決めポーズに、勇ましい、今まで見たこともない男の顔をした息子がいました。


年長さんの運動会の前に、年少さんのときの動画や赤ちゃんのときの写真を見ておくと、倍泣けますよっ。苦笑。

 

f:id:rainbowshow:20181029225134j:plain


徒競走は、年少さんーかけっこ、年中・年長ークラス対抗リレー、になっています。
勝ち負けにこだわる子は激しく怒りをぶつけがちですが、団体戦なので少し気持ちも変わるみたいです。
息子のクラスは最下位。
息子の出番のころには半周以上の差がついて、一人走る姿を大声で応援しました。となりのパパさんにドン引きされました。でも今年最後だもん!いいんだ!


そんな感じで終わった さいごの運動会。
感動よりも肩の荷がおりたーっ!って感じでした。
でもよくがんばったね!


--追伸--
このイラストを描いているところに現れた息子。
「あ、オだねェー。ねんしょうさん。(←帽子の色から)」
 こまってるねー。」
ですって。
自閉っ子は自分をあまり分からないっていうけど。
めっちゃ客観視できていますやん。苦笑。

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---