雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

自閉症スペクトラムの息子(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

【ドラマ】僕らは奇跡でできている (……主人公は たぶん、)

発達障害自閉症スペクトラム)と診断された2013年生まれの息子との日々を綴っています。

 

今回は、いま放送中のドラマ『僕らは奇跡でできている』のお話です。

フジテレビ 毎週火曜日 21:00〜

内容をまったく知らずに、主演の高橋一生さんにつられて見始めたのですが。
かってに恋愛ものかと思ってました……^_^;

www.ktv.jp


--ドラマの内容(上記URLより引用)--

主人公の相河一輝(高橋一生)は、動物行動学を教える大学講師。

大好きな生き物のことや、自分が気になることについて考え始めると、周囲には目もくれず没頭してしまう性格のため、時に人を困らせ、時に苛立たせる“変わり者”です。

(中略)
個性豊かな登場人物たちと、周りに流されず、ただ自分の好きなことに一生懸命な一輝。両者のやりとりは、クスッと笑えると共に、
あなたの心に語りかけます。

“普通”  “常識”  “当たり前”


あなたは、そんな目に見えない“ものさし”に縛られていませんか?

ついつい自分を他人と比べてしまうすべての人に贈る、
コミカル・ハートフルドラマが始まります!

--


主人公の一輝は、
・好きなものにとことんのめり込む
・時間や約束をわすれる
・他人や周囲の人に関心がない
・その場の空気をよむことができない

↑ こういう人って……
このブログを見てくれる方ならピ〜ンときませんか?!

ドラマの中でも公式サイトでもどこにも書いていないのですが、、
まさに発達障害の特性ーー!?

 

 

そりゃ〜ね、あの笑顔にやられちゃうでしょ。笑。
でも困るのよ。
ルール無視、約束も時間もわすれる、こっちの事情は気にもしない、あぁもうー!ってなっちゃう。

いまは大学の先生になってるけれど、子どものころは学校では叱られてばかり、自分がキライ、そういう子でした。

↑ この回想シーン、胸が痛い……。

いまも言うんです。「ボク、友だち いませんから。」

でも一輝はおじいさんに見守られ、仕事ではおもしろがりな大学教授の元で、過ごしています。
理解ある人がちかくにいるって幸せだなぁと思います。

 

f:id:rainbowshow:20180106013602j:plain

 

このドラマは『発達障害』とはひとことも言わず、ちょっと変わり者だけど一輝の純粋さに見る者が癒される。

秀逸なんですけどね、、


この前の『グッドドクター』というドラマも自閉症スペクトラムの男性が小児外科医を目指していくというストーリー。


たしかに発達障害の人のなかには天才的な才能をもつ人もいます。
でもそれはごく一部。

健常の人のなかから類い稀なるスポーツ選手や芸能人があらわれるみたいな、稀なこと。みんなじゃない。

発達障害について知ってもらえるのは良い機会だけど、ヒーローだとか純粋な人とかの設定ばかりってどうなんだろう。
ドラマだから挫折ばかりでは話にならないし、こういう人もいるって関心をもってもらうにはいいのだろうけど。

 

に、しても。
今回は発達障害というキーワードを使わずに彼のキャラを高橋一生さんが素敵に演じられてます。
役者さんってホントすごいっ!

自然のなかや動物、昆虫の映像がとても美しくて、そこも癒されポイントなので、気になった人は見てみてくださいね。(^-^)

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---