雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

自閉症スペクトラムの息子(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

虐待する親は捕まるけれど、子どもが親を全否定するのはスルーされる

いろいろあって思いをぶちまけます。
扱いにくい子どもを育てていると鬱憤がたまってきて爆発→反省をくり返しています。
酷い表現があります。お許しください。


辛い。
子育てを放棄したい。

そう思ったことのある親御さんもいるはず。
義務・責任感だけで日々をこなすときもある。


わが子だけど、扱いにくさや性格の悪さに辟易してしまう。
(……遺伝だ、と言われてしまえば何も言えなくなるけれど)

息子は自分ルールにあわないと、私の言うことには従わない。
それどころか私を全否定する。かなりキツい言い方で。

 

たとえば「リサイクル」という言葉を「サイクル」と間違って覚えた。機嫌がよさそうなときに私が訂正する。
「そうだね、サイクルだね〜。」
こういう子に『否定はNG』と主治医に言われているので、もちろんこう返すのだ。
すると途端に攻撃が始まる。
「ちがうよー! おかあさん ちがうっ! まちがってる。
おかあさんは 知らないんだから。」

こんな調子でずっと否定され続ける。
正しいことを言っているのに間違っていると。こんなこともしらんのか?と言わんばかりのパワハラ上司並みに。
しかも相手は5歳。


子どもだから親が教えることばかり。
今日も折り紙のしゅりけんの作り方を教えてと言ってきた。
教えた。
手先が不器用な息子は半分に折ることすらできない。紙がはみ出して裏の白い紙がみえるほど。
でも、私がここをね〜と言いだせばキレる。
でも、私が手助けしようとすれば怒る。
仕方ないからそのまま続けると、歪な台形のような形のものが出来上がった。

ものすごい勢いで睨まれる。
おかあさんが ちゃんと 教えてくれなかったからでしょ!!
と言わんばかりの視線で言うのです。
「コレ すてる!」

 

ゼロ100思考の息子は出来の悪い折り紙には納得できない。
不器用なくせに完璧主義。
でも完璧をめざすための努力は1ミリもしたくない。
自分にその能力がないのに、他人からのアドバイスも拒否するのに、すべて母のせいにする。


コウイウ子ハ 否定セズ 自己肯定感ヲ 高メマショウ
専門家はこうアドバイスするけれど、
私はこの子をどう導けばいいの??


たかが5歳児にあらゆることを全否定されて八つ当たりされて、それが一日中だとこちらも病んでくる……。
しかもそのイライラを発散できる、逃げ場がない。

息子がやっていることは『言葉による親への虐待』でしょ??
親は人格なしなのか?
親は聖人君子なのか?
親だから耐えろって言われるの?


子育てを放棄したい。
自分の器では発達障害なんて受け止められない。
こんな苦労しなくていい、フツウの子だったら……。


でも、
こんなでも愛情もある……

 


光がまったくとどかない底に沈んだドロドロの感情をぶちまけた。

世間はやたら「親の責任が! どんな躾してる?!」とか言うけれど、どうにもならない子どもが存在するのです。
そういう現実も知ってほしい。

注記
感情のまま書きましたが、親による子どもへの虐待は許されないと思っています。

 

---
お読みくださいましてありがとうございます。
にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---