雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

自閉症スペクトラムの息子(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

晒されること

お久しぶりになってしまいました。
GWも終わってすぐに恐ろしい事件が起こりましたね。

新潟の小2 女の子の事件です。

歳の近い子をもつ母親の私は全身に鳥肌がたちました。
言葉にするのも辛くなるような事件で、早く犯人を逮捕してほしいと切に願います。

そしてもう一つ。
被害にあった女の子の写真や動画が報道されています。
きっとネット上ではもっと多くの情報が出ているのかもしれません。
ただでさえ想像を絶する出来事が起こったうえに、ご家族は世間に晒される現実を突きつけられているのです。

 

 

普段からこう感じていたのですが、さらに強く思うことがありました。

 

帰宅途中に事故に合いました。
かなり酷い状況で誰も命を落とさなかったのが奇跡と思えるほどでした。
身バレを防ぐため詳細は省きますが、相手方の無謀な行為に巻きぞえを食ったかたちです。

救急車で運ばれ、病院の救急にかかり、長い長い一日でした……。

 

どれほどの事故だったのか状況が分からなかったので、ネットニュースに出ていないか検索をかけてみると……
個人のまとめサイトが?!


今の時代、いつでも どこでも 誰でも 晒されるのです
被害者であっても

 

脱力しました
痛みすら越して気力を全て持っていかれるような……

 


ただでさえ不安感がつよい息子の精神状態が心配でなりません。
といっても、今のところパニックや癇癪はなく遊んだり食べたりしています。

でも、事故のあと泣いていません……
怖くて怖くて仕方なかったのに、泣けなかったのです。

病院での診察がやっと終わったところで、一瞬うわぁーん……となったところで看護師さんに呼ばれ、止めてしまいそのままなんです。


息子はチャイルドシートで両肩からしっかりベルト固定していたため、痣ができる程度の軽傷だったのがせめてもの救いです。

片腕が使えない母親に気を使い、事故後いちども「抱っこ」とも言わないし、私が大丈夫だよ〜と抱きしめようとしても逃げてしまいます。


こんな現実を知らずに、晒しているんですよね……。

 


命の尊さを改めて考える日々でした。
体が健康であることがどれだけ幸せなことか実感しています。
できない不自由さに困る生活を送っています。

こんなことがあって気がつくことがたくさんありました。


晒されたって生きていくんだーー!

 

今年は就学にむけていろいろ準備もあります! 動くのもヒィヒィですが誰も代わってはくれません。

 

更新が<さらに>ゆっくりになりますが、ブログは今後も続けていきたいと思います。
よかったら気長にお付き合いくださいね。

 

---

お読みくださいましてありがとうございます。

にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---