雨上がりには虹が見えるよ ー自閉症のしょうとの歩みー

自閉症スペクトラムの息子(2013年生)との日々を綴ります。家でできる療育をしながら楽しく、ときに悩ましく毎日を過ごしています。

あったかい おうちが 待っている〜♪

先日書いた記事、戦隊モノのショーを見に行ったときのこと。
実はその後がありました。

今回はそのお話を。子育てほっこり話です。

 
ショーはハウジングセンターの敷地内の外なので寒くて寒くて……。
暖を求めて、展示ハウスの中へつられて入って行きました。

あるおうちでは、アンケートに答えるとトミカがもらえるみたい?!
息子の目はランラン!!
もうこれは止められない……お父さんはしかたなくアンケート用紙に書き書き……。
(普段はぜーったいに書かない人なのに、よほどの気迫に押されたのでしょう……)

トミカを受けとって絶好調ー!
息子はスキップしながら鼻歌を歌っています。
「ぜっこーちょー! ぜっこーちょー! おとなも こどもも ぜっこーちょ〜♪」
……調子がいいのはあなただけですよ。

f:id:rainbowshow:20170309125435j:plain

 

ハウジングセンターに来たことがない息子はなかなか帰りたがりません。
いろんなお家に入るワクワク感がたまりません。
そして、なんか貰えるぅー!!
うちの子は内弁慶で、お父さんには逆らえません。露骨には言えずに
「おとーさーん、あそこのおうちは? はいって いいの? いい? いい?」
あくまでも控えめに。ホントは走っていきたいのに。笑

 

そんな息子が引き寄せられたのが、セキスイハイムのあのCMソング。

"帰りたーい 帰りたーい
 あったかい わが家が 待っているぅ〜♪"

展示ハウスの中に入っていくと、
「わぁー、ほんとに あったかぁーい!」
とニコニコ顔の息子。
これにはスタッフの方も微笑んでくれました。
お正月の期間だったので、お土産までしっかり頂いてしまいました。
ありがとうございます!主婦には嬉しいものばかり。

f:id:rainbowshow:20180114194359j:plain

 

ごきげんで帰途につきました。
玄関からミニカーを走らせてきた息子はまた鼻歌を。
曲はあのCMソングみたいです。

"入りたーい 入りたーい
 あったかい お腹が 待っているぅ〜♪"


「え? お腹??
 お母さんは戻してあげてもいいんだけど。もう大きくなってて全部入らんよぉー。」
 そう言っていっぱい抱っこしました。


息子の帰りたいところは、まだお母さんのお腹でしょうか?
もうすぐ5歳なのにねぇ。
と言いつつも、もういっかいお腹のあの感覚を感じたいとも思う母なのでした。

 

 

---

お読みくださいましてありがとうございます。

にほんブログ村に参加しています。よろしかったらclickお願いします。

---